「エンジェル投資」アカデミー 人生100年時代に学ぶ ―Vol.4 投資家として日本経済を考える

2019年4月19日 プレスリリース

5月16日(木) 時間 19:00~20:30

※FUNDINNOに投資家登録されている方は優先的にご参加いただけます。

FUNDINNOページ

CONCEPT:エンジェル投資家の目利きは「タイミング」

ゲスト:高井俊輔氏 医師・実業家・エンジェル投資家
在宅医療における関西最大級の医療法人の経営・メディカル分野のエンジェル投資家

FUNDINNO投資家であり、IPO準備企業などに多数エンジェル投資を行う。医療法人を設立後、2006年に在宅医療を開始し、年間3000人を越える在宅患者の往診を行うグループに拡大。関西における最大級の医療法人となる。医師の領域を超えたビジネスの手腕から2018年メディカルイノベーションの社長に就任。現在はメディカル分野のスタートアップ企業にエンジェル投資を行う。FUNDINNO投資家でもある、高井氏に“ヘルスケア領域における優良なベンチャー企業の見極めポイント”について伺います。

#1[19:00~19:45]
今後成長するヘルスケア領域は?――エンジェル投資の目利き

*パネリスト
 高井俊輔氏 医師・エンジェル投資家
 日本クラウドキャピタル CEO 柴原祐喜
 日本クラウドキャピタル COO 大浦学

#2[19:45~20:05]
未来へのバトン『フェアに挑戦できる未来を創る』柴原祐喜
※毎月、最新の情報をアップデートしてお届けさせていただきます。

#3[20:10~20:30]
質問コーナー・情報交換・名刺交換

ベンチャー投資の民主化の時代の到来

IPO前の未公開株に投資する「エンジェル投資」は、ベンチャーキャピタルや一部の富裕層など限られた人たちだけがアクセスできる投資でした。日本クラウドキャピタルは個人投資家の方が、非上場企業へ直接投資を行い、株主になれるサービスを日本で初めてスタートいたしました。「ベンチャー投資の民主化時代」へのご理解を深めていただきたく、イベントを開催しております。是非奮ってご参加ください!

人生100年時代を生き抜く手段の一つとして、エンジェル投資への理解を深めるチャンスです。

こんな方におすすめです。
・「エンジェル投資」に興味がある
・株式投資型クラウドファンディングについて理解を深めたい
・創業間もなくても共感できる会社に投資したい
・これから成長するヘルスケア領域について知りたい

エンジェル投資アカデミー第1回のダイジェスト版
https://youtu.be/JbxiLf4tn8Y

エンジェル投資アカデミー第2回のダイジェスト版
https://youtu.be/kqNz8b2yDc4

タイムテーブル

#1[19:00~19:45]
今後成長するヘルスケア領域は?――エンジェル投資の目利き
*パネリスト
 高井俊輔氏 医師・エンジェル投資家
 日本クラウドキャピタル CEO 柴原祐喜
 日本クラウドキャピタル COO 大浦学
高井俊輔氏(たかいしゅんすけ)は、大学時代に経済学部から医学部を再受験し、医学部修士課程の在学中に開業。数年で関西最大級の医療法人に成長させた実業家。近年では、ビジネスを立ち上げる前の医師が高井氏を訪問する事が増えている。しかし、医療業界と他の業界における『常識』の違いから隔たりが生まれている事実に直面し、現在は医療業界と政府・官民のパイプ役として活動。日本におけるヘルスケア領域のスタートアップ事情を知り尽くした高井氏と、新しい金融の世界を創る日本クラウドキャピタルのCEO柴原・COO大浦とがトークセッションを行います。投資家の方にとって必見の、投資先企業との関係構築やスタンスについてお話いただきます。

#2[19:45~20:05] ※最新の情報を更新して毎月お届けする
未来へのバトン『フェアに挑戦できる未来を創る』 柴原祐喜
日本クラウドキャピタルが運営するFUNDINNOは個人投資家とベンチャーが直接繋がる「新しい投資」のスタイルを確立。日本クラウドキャピタルが考える、誰もがフェアに挑戦できる未来についてお話させていただきます。

#3[20:05~20:30]
質問コーナー・情報交換・名刺交換
(21:00  閉会)

プロフィール

高井俊輔氏(たかい しゅんすけ)

近畿大学医学部卒業後、同大学付属病院血液内科勤務時代に、医療法人を設立。2006年に在宅医療を開始し、年間3000人を越える在宅患者の往診を行うグループに拡大。関西における最大級の医療法人となる。医師の領域を超えたビジネスの手腕から2018年メディカルイノベーションの社長に就任。関西在宅医療研究会の理事長の就任を経て、13年間に渡る在宅医療の従事から2019年には、在宅医療連盟理事に就任、社会福祉法人善行会の理事に就任。
2016年にスタートした『在宅塾』は医師が「医療×制度×経営」を体系的に学ぶことができ、卒業生は3年間で約60 人輩出している。現在はメディカル分野のスタートアップ企業にエンジェル投資を行う。FUNDINNO投資家でもある。

柴原祐喜(しばはら ゆうき)

カリフォルニア大学卒、明治大学院グローバルビジネス研究科卒
大学院では「未上場企業の価値算出」を研究テーマに研究を進める。その後システム開発、経営コンサルティング会社を経営。スタートアップ環境を盛り上げていきたいとの思いで共同代表の大浦とともに日本クラウドキャピタルを創業。日本初の第一種少額電子募集取扱業者として株式投資型クラウドファンディングサービスを開始する。現在は、大学院での講師を務め、スタートアップ環境の改善のために尽力している。

大浦学(おおうら まなぶ)

明治大学院グローバルビジネス研究科卒
大学院でマーケティングを研究。大学院で柴原と出会いシステム会社を企業する。その後、一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパンの理事として創業。スタートアップ環境を盛り上げて行きたいとの思いで、共同代表の柴原祐喜とともに日本クラウドキャピタルを創業する。

開催概要

2019年5月16 日(木)
時間 19:00~20:30
会場 TIME SPACE五反田4F
   東京都品川区西五反田1-17-3
定員:40名

―――――――――――――――――
株式会社日本クラウドキャピタル
http://www.cloud-capital.co.jp/
第一種少額電子募集取扱業者
関東財務局長(金商)第2957号
加入協会:日本証券業協会