これでエンジェル投資家への道が開けた!と感動したのを覚えています。

2019年8月1日

エンジェル投資家:鈴木様(仮名)

これまでもプライベートで投資をしていらしたのですか?

外資系金融企業に長く勤めてきて、十分な資産形成もできたため、ストックの活用という観点から、個人資産の運用に、数年来積極的に取り組んできました。今までは、エクイティや債券等のインデックス投資を中心に運用を行っており、相応の運用成績も残しましたが、安い時に買って、高い時に売る、という行為には、何か無味乾燥さも感じていました。また、人生の次のステージとして、エンジェル投資家として有名になり、もっと経営者との距離が近い、経営の生々しさを感じられるような投資をしていきたい、と漠然と思っていました。

そうは言っても、エンジェル投資家としては無名の個人投資家が、ベンチャーキャピタル等機関投資家や著名エンジェル投資家がクローズな世界で投資を行っているような有力スタートアップへの投資機会を見つけるのは容易ではありませんでした。FUNDINNOさんを見つけた時、スタートアップへのエクイティ投資が無名の個人でもできる!これでエンジェル投資家への道が開けた!と感動したのを覚えています。

普段、どういった観点で投資をされるのでしょうか?

スタートアップへのエクイティ投資については、グロースがちゃんと描けるエリアでやっているか、今は形が整っていないけれども、将来スケールできるか、を見るようにしています。ただ、自分の目利きがそんなに優れているとは思っていないので、この投資を行うことで、世の中がよりよくなるか、という漠然とした視点も加味しています。グロースや世の中が良くなるか、という観点での投資は、今までのシクリカルな中で資産運用をしていたのとはまったく異なる新しい投資スタイルで、新鮮味を感じています。

もちろん、投資家としての基本であるリスク管理も重要なので、分散投資は常に心がけています。また、スタートアップへのエクイティ投資は、自身の総運用資産の10%程度を目途に、といった独自の基準も設けています。そうした点では、FUNDINNOさんの最低投資額は割と少額なので、分散投資や投資上限枠といった自分なりのリスク管理基準を満たせています。

金融の専門である方がFUNDINNOを応援してくださる理由をお聞かせ願えますか?

FUNDINNOさんもスタートアップで、そのFUNDINNOさんのスタートアップへのエクイティ投資というプラットフォームを活用することで、発行体と一緒に応援できるかな、と思ったことです。エンジェル投資家の卵として、今の日本の社会の抱える問題点を解決していきたい気持ちがあり、リアルに顔をみることができる経営者の方やFUNDINNOさんの経営陣と一緒に何かできるというのは、ワクワクしますよね。

成熟社会になると、何となく閉塞感が出てきてしまうのですけど、そうした中でグロースやスケールできるスタートアップって、夢がありますよね。また、新しいイノベーションも起こさなければいけないのですが、成熟社会では、大企業に属していた方が安定、安心なのではという固定観念も40代以上のより上の世代にはあり、スタートアップって所詮一過性のブームでしょ、みたいな世界観を変えていきたいです。

どのようにFUNDINNOを知ったのですか?

2015年に金商法が改正になり、規制が緩くなって店頭有価証券の小額電子募集ができるようになり、エクイティ型のクラウドファンディングはずっと注目していて、2017年ころFUNDINNOさんに出会ったという感じです。

実は、この領域は、当時は誰もやってなかったので、自分で起業して、FUNDINNOさんのような会社を立ち上げようかと考えたくらいです。ただ、投資家当りの投資額が年間一社当たり50万円で上限が決まっているのがネックかなと思って、なかなか踏み切れなかったのですが、FUNDINNOさんがスケールしているのをこうして目の当たりにすると、自身のセンスや決断力のなさを痛感しています。お誘いがあれば、是非FUNDINNOさんへも出資&経営に参画したいですね。FUNDINNOさんのまとめている発行体企業の情報はわかりやすくて俊逸です。ITで現実社会を再構築するビジネスモデルを支援しているスタートアップが多いかな、という印象を受けています。

実際にFUNDINNOさんを使ってみると、ユーザビリティに優れたサイトだと思いました。3クリックで投資できるところが素晴らしいです。ストレスフリーです。

記憶に残っているベンチャー企業、プロダクトはありますか?

アナムネさんですね。女性のための女性医師による医療をオンラインベースでできるビジネスモデルを作られています。マッチングビジネスでお医者さんをどう確保するかについて常々思うところがありましたが、菅原社長とお話しして腑に落ちました。医療は規制産業なので必ず規制がつきまといますが、しっかりとしたビジョンがあり、自分が考えていたビジネスモデルの一歩先を行っていました。さすがFUNDINNOさんが見つけてこられるだけあると思いました。規制という制約条件をきちんとクリアする戦略を持つアナムネさんは、スケールしていくだろうな、と信じています。

FUNDINNOへの思いをお聞かせくださいますか?

我々エンジェル投資家からすると、スタートアップである発行体とエンジェル投資家、そしてFUNDINNOさんのようなプラットフォームのどの輪が欠けてもうまくいかなくなります。「三方全て良し」が必要になります。

FUNDINNOさんは、資金調達されたスタートアップをいかにスケールさせるか、コンサル的な領域まで踏み込んだほうがいいのかな、と思っています。その結果、エンジェル投資家の投資余力も増えて、さらなるエコシステムが描けるというポジティブフィードバックが早くできるようになることを期待しています。
FUNDINNOさんは、現段階において恐らくこの分野で断トツの1位なので、ブランド力も強まり、面白いスタートアップのソーシングはこれからも益々できるだろうなと見ています。ただ、これは入り口ですね。では、出口はどこかというと、資金調達されたよちよち歩きのスタートアップが成長して企業価値が上がり、大人になって、上場していくことです。タートアップが大人になるまでのライフサイクルを全てサポートするという領域まで踏み込んで、スタートアップ育成プラットフォーマーへと、FUNDINNOさんご自身もスケールして欲しいです。

FUNDINNOを利用してよかったことは?

投資を通じて知らない世界を見る、これまで接点のない人と会う、代表者の熱量に圧倒されつつ、自分がどうあるべきかを反芻するきっかけを頂きました。ほったらかしでは済まない関係性が出来たことを嬉しく感じています。

FUNDINNOさんにお願いしたいことは、オンラインでもオフラインでも、代表者の方とのミートアップの機会を増やしていただきたいですね。エンジェル投資家だったら誰でも持つであろう「役に立ちたい気持ち」、これをどう健在化させて、スタートアップとマッチングさせていくかということが肝心だと思います。また、FUNDINNOさんが介在しなくても、「ミートアップのキャンプが行われているらしいぞ」くらいの情報が、エンジェル投資家同士で意見交換できるといいと思います。エンジェル投資という同じ目的を持った者同士が直接仲良くなるイメージですね。

米国スタートアップ事情についてはどのように感じていますか?

シリコンバレーの次にシリコンバレーなしと言われますが、日本とはエンジェル投資家の層の厚みが違うように感じています。日本のスタートアップはシリコンバレーのビジネスモデル取り入れていますね。インキュベーション、アクセラレーターなども、タイミングを見て日本に上陸しています。日本でエンジェル投資家の厚みをどうつけていくかは、まさにFUNDINNOさんの成功にかかっているように思います。

エンジェル税制を気にしたことはありますか?

気にはしています。しかし使うにも色々と条件があり、手間がかかるので、使える方法を模索しています。エンジェル税制は発行体の負担が大きく、本末転倒なので簡素化してほしいですね。ふるさと納税のように証明書一枚で控除できれば楽だと思います。

これからFUNDINNOを使っていく発行者の企業、我々に対して一言お願いいたします。

敷かれた路線を歩んでいる人、自分探しをずっとしている人が多い中、発行者もFUNDINNOさんもビジョン、理念があります。「こう世の中変えたいから、こうやる」という強い思いをひしひしと感じます。発行体⇔FUNDINNO⇔エンジェル投資家間のトライアングルのコミュニケーションを活発化することで可能になることもあると思うので、そういうオープンなシステムを築いてほしいですね。シェアオフィスとかもやられて、FUNDINNOさんの発行体やエンジェル投資家が気軽に集まれるような場を作られても面白いのではないでしょうか?

私は、エンジェル投資家として、投資させて頂いたスタートアップは、最後の最後までサポートするという気持ちでいますので、経営者やFUNDINNOの方は気軽になんでも相談してください。

※このページは、当社が勧誘目的等で記載したものではありません。当社はその内容等について、一切責任負いません。したがってシェアについても、ご自身の判断と責任においてご利用ください。
投資家の皆様へ
FUNDINNOとは、投資家の皆様が気に入った中小・ベンチャー企業に投資して、株主として応援することを可能にした日本初のプラットフォームサービスです。 FUNDINNO上で掲載している各企業の中からご希望の企業へ投資の申込をするには投資家登録をする必要があります。 登録後は投資家同士での交流や情報交換も可能です。 FUNDINNOを通じて、応援したい会社、夢を託せる会社を見つけてみませんか? ご利用を希望される方は下記ボタンからお申し込み手続きを行ってください。
お申込みはこちら(投資家)