第70号案件「KOTOBUKI Medical株式会社」が日テレnews24に掲載されました

2019年7月1日 メディア掲載

第70号案件であるKOTOBUKI Medical株式会社が、2019年6月26日付の日テレNEWS24にて「動物愛護にも"コンニャク臓器"医療で活躍」として掲載されました。

日テレnews24に掲載された内容は以下URLよりご確認できます
http://www.news24.jp/articles/2019/06/26/07456975.html
(上記のURLから遷移するサイトはJCCのものではありません)

会社情報

分野:医療/設立:2018年11月/資本金:500万円/既にサービス展開している/テレビを含むメディア掲載実績あり/国内外の特許申請中

サービスについて

同社は手術トレーニング用の模擬臓器として、人間の臓器に近い質感や形状を再現した新素材『VTT』の開発・製造を行っています。
VTT(versatile Training Tissue)はこんにゃく粉を主体とし、実際に医療現場で活躍する多くの医師や医療器開発の専門家からの意見を元に再現され、感触や強度が人間の臓器と非常に近い新素材です。従来の訓練で利用されてきたブタの臓器などと比べ、衛生的で処分も簡単であり、常温で約一年間の保存が可能です。 1つ2500円~4000円と、値段も手頃で、医療業界での利用拡大が期待されています。

上記のサービスを提供する背景として、同社代表取締役である高山成一郎氏は、「レバ刺しが中毒で提供禁止になったときに、赤いコンニャクが代替品としてお店においてあるところからヒントを得て、どうやったら引っ張れる、縫えるコンニャクになるかと試行錯誤しました。」と当インタビューで発言しております。

同社は、FUNDINNO第70号案件であり、2019年6月28日に8,930万円の資金調達を実施しています。
同社のプロジェクトの募集ページは下記URLよりご覧頂けます。
https://fundinno.com/projects/70

―――――――――――――――――
株式会社日本クラウドキャピタル
http://www.cloud-capital.co.jp/
第一種少額電子募集取扱業者
関東財務局長(金商)第2957号
加入協会:日本証券業協会