トップ > NEWS > 第1号、第13号案件のBank Invoice株式会社が『賢者の選択』でテレビ放映されました。

第1号、第13号案件のBank Invoice株式会社が『賢者の選択』でテレビ放映されました。

2018年7月31日 案件情報

7月29日、Bank Invoice株式会社が『賢者の選択』でテレビ放映されました。

詳細はこちらからご確認いただけます。

https://kenja.jp/8146_20180731/



Bank Invoice株式会社の手島太郎代表が『賢者の選択』で特選インタビューを受けました。

紙やPDFで送付していた請求書を「クラウド・コンピューティング」を活用して相手企業と共有できる管理システムを開発している同社は

FUNDINNO第1号案件でもあり、過去に2回のプロジェクト成約し、累計7435万円の資金調達を実現しています。

元々経理業務で活躍されていた手島太郎代表ですが、Bank Invoice構想のきっかけは当時の社内で行われた「改善活動」でした。

現場での請求書の発行や受け取り後の非効率を目の当たりにし、発行した請求書の金額と経理システム上の債権計上額の不一致、

それに伴う不明入金の処理、受け取った請求書を手入力する際の入力ミスとチェック業務が煩雑であり、

経理システムやERPの限界を痛感する事が多く、請求データを主とした企業間でやりとりするデータを連携させるシステムの構築を計画しました。

2017年11月4日、「Bank Invoice Ver.2」のシステム開発を完了し、11月30日に有料化する事をプレスリリースで発表した後

本システムの導入実績は早々に上がり、2018年7月31日現在では約170社の導入実績があります。

翌年には多言語・多通貨に対応し、グローバルに事業展開を計画している同社に、今後の活躍を期待します。


過去2回のプロジェクトの募集ページは下記URLよりご覧いただけます。

https://fundinno.com/projects/1

https://fundinno.com/projects/13


―――――――――――――――――

株式会社日本クラウドキャピタル

http://www.cloud-capital.co.jp/

第一種少額電子募集取扱業者

関東財務局長(金商)第2957号

加入協会:日本証券業協会

ページ上部へ